ネットで人気の美白コスメ!おすすめなのはシミウス?ビーグレン?

シミウスとビーグレンは、ネットを中心に口コミが広がり、人気を集めている美白コスメです。どちらもシミやくすみなどの悩みに特化したコスメですが、一体何が違うのでしょうか?

 

シミウスとビーグレン、ふたつの商品の違いを比較し、本当にオススメなのはどちらの商品なのかを検証しました。

 

 

→シミウスってどんな商品?詳しくはこちら


使い方もこんなに違うんです!

シミウスとビーグレンは、使い方や機能にも大きな違いがあります。シミウスの特徴は、化粧水や美容液、クリームなどスキンケアをワンステップで行えるという点です。保湿や美白、エイジングケアだけでなく時短美容も叶えてくれます。

 

さらに、マッサージクリームとしても使用できます。お手入れの際にマッサージをすれば美容成分がより浸透しやすくなるんです。リフトアップやむくみのケアにも効果的なんですよ

 

べたつきにくく、保湿力に優れているので、化粧下地として使用している方も多いんです。

 

一方、ビーグレンは化粧水や乳液などライン使いをする必要があります。すべてのアイテムを使い、ケアが完了するまでどうしても時間がかかってしまいますね。

 

仕事に子育てにと、日々忙しい女性は毎日のスキンケアも出来るだけ手軽に済ませたいのではないでしょうか。スキンケアにかかる時間を省きたい、時短ケアに興味があるという方にはシミウスがおすすめです。

 

 

→シミウスの機能や使い方について詳しくはこちら

肌への優しさにも違いが!?

敏感肌や乾燥肌、アトピー肌でお悩みの方は、できるだけ肌に優しいアイテムを選びたいですよね。シミウスは植物由来の原料を使用した天然成分を配合しているので、肌の弱い方でも安心して使えます。

 

刺激が少なく肌にやさしいのはもちろん、消炎作用に優れたグリチルリチン酸ジカリウムが、ニキビや炎症などの肌トラブルを防ぎます。

 

さらに、コラーゲンやヒアルロン酸ナトリウムなどの高保湿成分が肌の奥まで浸透し、乾燥肌の改善する効果も期待できます。

 

 

一方、ビーグレンのアイテムには、ハイドロキノン誘導体という美白成分が配合されているものもあります。ハイドロキノンといえば、メラニンを分解する作用を持ちできてしまったシミにも働きかける強力な成分です。

 

しかし強力すぎて、肌の弱い方が使うと肌荒れの原因になってしまうおそれもあります。ハイドロキノン誘導体はハイドロキノンに比べるとマイルドに作用しますが、人によっては刺激を感じたり痒みを生じることもあります。

 

肌荒れや副作用が心配な方にはシミウスがおすすめです。

よりコスパがいいのはどっち?

新しい化粧品を買う時、効果はもちろんお値段が気になるという方は多いのではないでしょうか。よりコスパの良い方を選びたい・・・。そんな方にぴったりなのは、どちらの商品なのでしょう。

 

まず、ビーグレンは化粧水や美容液、クリームなどそれぞれのアイテムを単品で購入することもできますが初めてビーグレンを使う方には方にはセット購入がおすすめです。

 

最安値は14,580円(税込)の「シンプルケアセット」です。美白効果を重視するのであれば、28,620円(税込)の「ホワイトベーシックケアセット」もあります。41,256円(税込)の「プレミアムケアセット」はエイジングケアにも効果的です。

 

 

一方、シミウスは一つで化粧水やクリームなどの役目を果たすオールインワンジェルです。通常価格は5,122円(税込)ですが、「きれい定期便」を利用すれば20%オフの4,098円(税込)で購入できます。

 

コスパはシミウスの方が優れていますね。

 

 

→きれい定期便とは?詳細はシミウス公式サイトで

 

 

ホワイトニング リフトケアジェル

 

 

 

 

 

_